財政改善(カイゼン)実績 その1

設計金額の適正化を図ったことにより、今後も新財源を生み出し続けることができます!

 

 

財政改善グラフ1-1

下水道施設の保守点検契約において、4年以上の期間を要したものの、設計部署との調整を図った結果、設計金額のより適正化を図ることができました。

 

結果

 

財政改善グラフ1-2

その結果、平成16~25年度までの10年間で、約22億6,500万円の新財源を生み出し、今後も、毎年度約2億円の新財源を生み出し続けることができます。

 

 

| 新財源の実績へ戻る |

▲ページTOP