債務残高と歳入合計の推移

川崎市財政カイゼンの必要性を示すグラフ(その1)

 

 

現状

ついに1兆円を超え、増え続けている借金、そして、その半分程度(58%)しかなく、伸びない収入、そんな状況が明確になっています。

実務でカイゼン実績のある市職員OBは、新財源の生み出し方法を知っています。

 

将来予想

今後も続く、収入の2倍ぐらいの多額の借金を背負い、返済することになるのは、少子化時代のお子さん・お孫さんです。

お子さん・お孫さん世代に借金返済を先送りしてはいけません。

 

対応策

早急に、市財政をカイゼンし、新財源を生み出すことで借金返済や必要な新事業に対応する必要があります。

借金を積み上げたのは、現在の大人の責任です。

 

具体策

現職のときに、実務でカイゼン実績のあった市職員OBの知識と経験を有効活用し、新財源を生み出します。

実務でカイゼン実績のある市職員OBは、新財源の生み出し方法を知っています。 

 

 

 

| 川崎市財政の現状へ戻る |

▲ページTOP